入稿のご注意

  1. HOME
  2. 入稿のご注意

レーザーカットの加工サイズとアプリケーション

加工サイズ

高速レーザー 精密レーザー

用紙サイズ

300×300mm 300×600mm以下厳守

レーザーカット最大サイズ

280×280mm 580×280mm

紙厚最大サイズ

0.3mm 3mm

データ作成アプリケーション

レーザーカット対応のアプリケーションは、Adobe Illustratorです。
入稿時は、Adobe Illustrator 10.0J以上のデータでご入稿ください。

データ作成の留意事項

レイヤーの設定

「レーザーカットデータ」「印刷データ」がどちらもある場合は、必ず別レイヤーに分けてデータを作成してください。

切手風目打ちシールのテンプレートは切手風目打ちシール一覧ページ内の各商品ごとの「ダウンロード」ボタンよりダウンロードいただけます。

また、複雑なレーザーカットの図柄や、曲線や直線が混在しているデータは、形によってレイヤーを分けると、レイヤーごとにレーザーの出力を調整し、きれいに仕上げることができます。

補助レイヤーは使用しない
補助レイヤー機能は便利な機能ですが、レーザーカット機には認識できない機能です。
必ず別レイヤーとして設定してください。

アウトラインの確認

Adobe Illustratorで作られたアウトラインのデータがレーザーのカットラインになります。

1オブジェクトは1パスで作ってください。
オブジェクトを複数のパスで構成している場合は1つのパスに結合してください。

必ず、画面/アウトラインを選択し、プレビューを切り替えて、パスのアウトラインの状況を確認してください。

カットラインについて

レーザービームは、アウトラインのライン上を0.3mmの幅でカットしていきます。そのため、再現できる最も細い線は、0.3mm程度になります。
0.3mm以下のオブジェクトは、つぶれてしまうので、ご注意ください。

また、隣あったオブジェクトどうしを別々にしたい場合は、オブジェクトとオブジェクトの間隔は、最低でも0.7mm空けてください。
これ以下だと、カットすると2つのオブジェクトが結合してしまいます。

ラインの表現

0.3mm以上のラインの作り方は、ラインを2本並べてデータを作るか、長方形のオブジェクトを作り、カットすることで表現できます。

文字のレーザーカット

文字をレーザーカットで表現する場合は、フォントを必ずアウトライン化してください。
アウトライン化されたフォントアウトラインがカットラインとなります。ライン上を0.3mmのレーザービームでカットするので、アウトラインの外側約0.15mmまでカットされます。

レーザービームの幅の分だけ、デザインデータよりも文字が太くなるのでご了承ください。
(文字が太くなることを考慮して予め、データを作成してください)

つなぎについて

英字の「O」や数字の0などをレーザーカットで表現する場合は、円の外周をレーザーでカットすると内部は抜け落ちます。
この場合は、つなぎ部分(カットとカットが分断している部分)を作っておく必要があります。つなぎ幅は0.4mm以上もたせてください。

また、プレビュー表示でつなぎが付いているように見えるデータでも、アウトライン表示にすると余分なカットラインが付いたままの場合もございますので、必ずアウトライン表示にしてご確認ください。

ハーフカット

レーザーを利用して厚紙や固い紙に折りスジを入れる加工(筋押し加工)を擬似的に行うことができます。
レーザーで用紙を完全にカットする(抜き切る)のではなく、ハーフカット(半切れ)し、筋押しのように折れやすくします。

ハーフカットを行う場合は完全にカットするカットラインと区別できるように、ハーフカット用のレイヤーを作成してデータを作ってください。

山折、谷折、両方の加工がある場合は、山折、谷折の別な色のラインで作成してください。
谷折は、レーザーを用いた太いハーフカットで対応できる場合があります。その場合は紙の厚みを考慮して長方形の矩形を作り、その中を1色で塗りつぶしたデータを作ってください。その矩形全体をハーフカットすることによって谷折ができるようにします。

破線

イラストレーター上で線種を破線に指定しても、レーザーカットで破線は作れません。
イラストレーターでは見た目は破線でもデータは、線として作られています。
(表示でアウトラインを選択して確認してください)

レーザーカットで破線を作るには、短い直線と空白を交互に作ることによって実際に破線のデータを作ります。
通常はミシン目とかミシン線と呼びます。

きれいなレーザーカットをするためのポイント

オブジェクトのアンカーポイントを最小限にする

レーザーカットは、オブジェクトのアウトラインに沿ってカットしていきます。 滑らかなラインは、レーザービームも滑らかに進み、アンカーポイントでは一瞬止まるため、アンカーポイントに焦げ目がつく場合があります。 きれいな仕上がりにするためには、可能な限りアンカーポイントを減らし、滑らかな線データを作ることが重要です。

イラストレーターにはオブジェクトパス単純化という機能があります。この機能を使用するとアンカーポイントを減らすことができます。



隠れたアンカーポイントやオブジェクトは削除

不要になったアンカーポイントや、オブジェクトは必ず削除してください。
プレビューをアウトラインに切り替えて確認すると見つけやすいので、丁寧にご確認ください。
アンカーポイントやプレビューでは確認できなかった隠れたオブジェクトがあると、レーザーが発射されて傷が付いたり、作業に時間がかかったり問題が起きますので、不要なオブジェクトとアンカーポイントの最後の掃除を忘れずに行ってください。

<最近多い失敗データ事例>
http://tokyoshiki.exblog.jp/i84/

【サンプルレーザーカット】
完璧にレーザーカットのデータを作ったと思っていても、アンカーポイントの状況やオブジェクトの形状、さらには、用紙の厚さや種類によっては、予想外の仕上がりになることがあります。
また、ご希望の用紙がレーザーカットに適していない(向いていない)場合もあります。
(カット断面の変色が濃く出てしまったり、ススが出てしまうなど)。
そのため、作成されたカットデータを実際の用紙で校正レーザーカットを行うことをお勧めしております。

印刷基礎ガイド

仕上りサイズ(トンボ)とヌリタシ

一般的な印刷用データは、仕上がりサイズ(=実際の印刷物ができあがるサイズ)よりも約3mm大きく作成し、断裁位置を決定するトンボ(トリムマーク)を付け、仕上りサイズの端まで画像や塗りなどをデザインされている場合は、必ず仕上りサイズより3mm程度外側まで絵柄等を伸ばす、ヌリタシを設定してください。

※テンプレートには、トンボとヌリタシのガイドが表示されておりますので、ご利用ください。

カラーモードの設定

カラーモードは、「RGB カラー」と「CMYK カラー」から選択することが出来ますが、 入稿データは必ず「CMYKカラー」で作成ください。リンク画像、配置画像もCMYKモードで作成されているかご確認ください。
ご入稿データにRGBカラーや特色が含まれる場合、自動的にCMYKに変換するため、予期しない色の変化となる場合がありますので、必ず、お客様ご自身であらかじめCMYKカラーでデータを作成していただきますようお願いします。

リンク画像・配置画像の解像度について

印刷に適した画像データの解像度は実寸で300dpi~350dpiです。
モニターで表示されている画像は、解像度が低くても綺麗に見えますが、実際に印刷されますと、非常に粗くぼやけた印象になってしまいます。推奨の解像度での画像をご使用ください。
また、画像はeps形式で保存してください。

印刷のライン幅について

ラインは、0.25pt以上を推奨しております。
直線を塗りだけで線幅のない状態に設定した場合、画面上では線が引かれているかのように表示されますが本機による印刷では、かすれたり消えてしまったりします。
ライン作成する際は必ず線幅を設定してください。

印刷したものに対してカットをする場合

印刷物とレーザーカットの組み合わせは、用紙の伸縮や用紙と印刷位置精度、機械にセットする場合のズレなどさまざまな原因から多少のズレが生じます。多少のずれが発生しても問題のないようなデザインにしてください。
また、線の上をカットはできません。カットラインの当たり罫は印刷しないように注意してください。
オンデマンド印刷機やプリンターを使用した印刷物にレーザーカットを施す場合は、オフセット印刷よりも印刷位置の誤差が大きくなりますので、ご注意ください。

ご入稿準備と方法

データをフォルダにまとめる

以下のデータを一つのフォルダの中に入れて、入稿データ一式をご用意ください。

  • *完全データ(印刷・カットデータ)
  • *画像ファイル
  • *スクリーンショット(出力見本)

スクリーンショット作成方法

必要データをいれたフォルダの名称は、ご注文手続き時に発行された注文ナンバーを付けていただくようお願いします。

フォルダを圧縮する

下記の方法に従って必要なファイルをいれたフォルダを圧縮してください。圧縮することで、データの破損が起こりにくくなります。

Windowsのデータの圧縮方法

WindowsXPやVistaをお使いの場合
標準でzip形式での圧縮が可能です。
【入稿フォルダを右クリック→送る→圧縮(ZIP形式)フォルダ】

Windows 2000以下のバージョンをお使いの場合
「+Lhaca」などの圧縮ソフトウェアをご利用ください。
なお+Lhacaの場合、フォルダをアイコンにドラッグ&ドロップすることでデータがフォルダごと圧縮され、LZH形式のファイルが作成されます。

+Lhaca(ラカ)

Macintoshのデータの圧縮方法

Mac OS Xをお使いの場合
MacOSXであれば標準でzip形式での圧縮が可能です。
「control」+l+クリック→
["フォルダ名"を圧縮](または["フォルダ名"のアーカイブを作成])を選択してください。
データがフォルダごと圧縮され、ZIP形式のファイルが作成されます。

Mac OS 9以下をお使いの場合
「DropStuff」などの圧縮ソフトウェアをご利用ください。

AladdinDropStuff(ドロップスタッフ)

なおご利用方法については、各ソフトウエアのヘルプなどをご覧ください。

Paper Arts 048-478-0393

  • お見積り
  • お問合せ

オンラインショップ

  • ペーパーコンシェルジュBLOG
  • 付箋本舗.com
  • 東京紙器株式会社
  • マスキングシールって?  マスキングテープの素材で自由な形のオリジナルシールが作れます!  マスキングシール.com